イッチャマンの教科書

元大型トラック運転手が34才で一念発起。大学進学で理系女に転身。そこで15才年下のわっくんと出会ったイッチャマンの平凡な日常をつらつらと。学校では習わない、ゆるめでシュ〜ルな『イッチャマンの教科書』であなたも“イッチャマニア”にならまいか。

タグ:運送屋

昨日投稿したやつ の続き重すぎて持ち上がらなかった大型用タイヤチェーン20代女子が手を振ってりゃ〜状況把握したトラック運転手が誰かしら着けてくれるだろうっていう作戦。積んでもらったはいいけど使う時どーすんだよと思ったら案外アナログだった。結果、数年間一度も

タイヤチェーンが義務付けられるとかいう話題が出ているがこの時期になると必ず思い出すことがある。かろうじて20代だったころ。積んでもらってた。今は軽量化されているみたいだけど当時のチェーンは40〜50kgあって鎖の塊だから形状も持ちづらい。 つづく別の会社(運送屋

20代前半。2tトラックドライバーをしていた会社は規定のユニフォームがなかった。パツパツの"スリムジーンス"や"ちびT"が流行っていたのでそれで仕事をしていた。ガテン系でプチマッチョになりコントか。痛かったけどウケた。リアル新喜劇。ケツ破けなくてよかった。スタンド