イッチャマンの教科書

元大型トラック運転手が34才で一念発起。大学進学で理系女に転身。そこで15才年下のわっくんと出会ったイッチャマンの平凡な日常をつらつらと。学校では習わない、ゆるめでシュ〜ルな『イッチャマンの教科書』であなたも“イッチャマニア”にならまいか。

タグ:指輪

高校生の時、毎朝友達と駅の改札で待ち合わせて学校へ行っていた。学校の帰りも駅の改札横で友達としばらく喋ってから帰るのが日課になっていた。多分これが人生で1番驚いた告白体験。なぜ指輪がピッタリなのか聞いたら毎日切符を手渡す時に指輪のサイズを確認していたそうだ