ケータイもポケベルもない
アナログ時代だからこその
儚い思い出。


でもね、この話の最後に